山形が誇る酒米
出羽燦々使用の特別酒

日本酒ベンチャーが
フランスパリで醸す

山形で創業した日本酒ベンチャーWAKAZE。2019年よりフランスパリにて清酒の醸造を行っています。そして今回特別酒として日本の酒米を使用し醸したのがこの『WA CLASSIC』です。

日本の伝統が
パリで花開く

パリで酒造文化を0から築くWAKAZEにとって、精米歩合60%酒米をつかう吟醸造りは「日本の酒造り近年100年間」の歴史と技術の再構成と昇華の集大成となりました。

やわらかな雪解けを想わせる淡い口当たり、まだ誰も体験したことのない至高のSAKE体験をお届けします。

STORY 1
〜特別酒を醸す
パリ醸造所〜

パリ近郊に創立した醸造所「KURA GRAND PARIS」

創業時より食の都パリでの酒造りを目指したWAKAZEは、ついに2019年秋、パリ近郊にパリ醸造所「KURA GRAND PARIS(クラ グラン パリ)」を創立しました。
日本人初のパリ近郊の醸造所では、その土地だからこそ醸せるテロワールを重視し、「現地を流れる硬水」と「現地のワイン造りに使われるBIO規格ワイン酵母」で酒造りを行います。

KURA GRAND PARISで造り上げたSAKEは、フランスにおける清酒コンクール「KURA MASTER」でも海外醸造酒蔵として初めて「プラチナ賞」を受賞。その酒造りのレベルの高さは、WA CLASSICでも贅沢に発揮します。

現地パリで愛される味わい

そんなWAKAZEの取り組みは、フランス最大の新聞紙「Le Monde(ルモンド)」をはじめてとして、数多くの現地メディアにも掲載されるほど。

パリ15区に2016年にオープンし、フランス料理に日本人らしいエッセンスを散りばめた美しいFusion料理を提供する「Restaurant Ken Kawasaki」。日本人の川崎遼平さんがシェフを務めるこのお店は、ミシュラン ガイドでも2018年より毎年、星を獲得しています。
そんな素晴らしいお店でも、WA CLASSICはペアリングディナーにオンリスト予定です。

STORY 2
日本の伝統で
仕込む

山形県庄内産
「出羽燦々 60%精米」

パリ醸造所はじめての日本産米に選んだのは、WAKAZE創業の地である山形県が誇る酒米「出羽燦々」。精米歩合は60%に仕上げることで、透明感のある口当たりと米本来の味わいを共存させました。

長く丁寧な
「吟醸造り」

精米歩合60%の高精白な掛米では、微生物の活動はおだやかで繊細。その繊細なふるまいを見逃さぬよう、杜氏 今井は常の管理に加えて毎晩2-3時間ほど醪に向き合いました。通常よりも長い醪期間のなかで、いちばん美味しく仕上がる搾りのタイミングを見定めます。

至高の
SAKE体験

繊細な口当たり

繊細でなめらかな口当たりに気づきます。その輪郭は丸みを帯び、これから訪れる味わいへの期待感が高まります。

淡い雪解けを感じる味わい

透明感を感じさせるまろやかなボディ。その透明感は、日本から海を渡りフランスでSAKEへと昇華した出羽燦々ならではの味わいです。
余韻では、フランス醸造ならではのミネラル感の苦みとワイン酵母由来の酸味がきゅっと引き締め、淡い雪解けのように体に馴染みます。


WA CLASSIC
商品詳細

販売価格

¥6,600円(税込)

販売数量

『WA CLASSIC』はフランス現地でも根強い人気のため、日本へは少量ずつ輸入し、限られた数のみご案内をしています。

商品スペック

■アルコール度数
13%
■原材料
米(山形県産 出羽燦々)
米麹(フランス カマルグ産米)
■精米歩合
掛米60%、麹米92%
■酵母
BIO規格ワイン酵母
■製法
白麹酛三段仕込
■内容量
750㎖


販売のご案内

2021年7月の限定販売

今月の販売は7月5日(月)19:00を予定。
販売数量に達し次第、販売終了となります。

販売開始のご案内は
WAKAZE公式LINEから

販売開始前に公式LINEよりご案内のメッセージをお送りします。販売を逃さないためにも是非登録をオススメしております。

※ニュースレターでもご案内をお送りしますので、LINEをご利用でない方は、ページ下部よりメールアドレスを登録してニュースレターをお待ちください。