洋食とペアリングできる日本酒

「世界で飲まれる日本酒を造りたい」と考え、イタリアンやフレンチなどの洋食と合わせることのできる日本酒を開発しました。
洋食の油脂分の多さや、ボリュームのある味付けに釣り合うような「ボティの強い酒質」とワイングラスで飲んだ時に楽しめる「香りの芳醇さ」を追い求め、造り上げたのが「ORBIA(オルビア)」です。
果実味ある香りに食欲が刺激され、自然で心地よい酸味と米由来の優しい甘みが食事を包み込み、食卓に新しい風を吹かせてくれる、そんなお酒です。

ワインに使用していたオーク樽で熟成

芳醇な香りはオーク樽熟成によってもたらされます。
ORBIAシリーズは全て「ワインの貯蔵に使われていたオーク樽」を使用することで、ぶどうの複雑味溢れるフルーティな香りや、オーク樽の持つややスモーキーでバニラのような甘い香りを手に入れています。