お客様との記念撮影!KARASUさんとWAKAZEのコラボ

「門仲の異端児×三茶の革命児」ビストロKARASUペアリングイベント

2020/12/23

みなさんこんにちは!WAKAZEで法人営業とカスタマーサポートを担当しているYasudaです!

先週の12/13(日)に門前仲町のビストロKARASUさんにて、ペアリングイベントを開催しました!

ビストロKARASUさんのご紹介記事はこちら▷日本酒と、日本の味ではない料理の組み合わせ「ビストロKARASU」

この記事に登場するお酒▷THE CLASSICORBIA LUNAFONIA SORRAFONIA TERRA三軒茶屋のどぶろく栗どぶろく水酛どぶろく、FONIA TEA prototype SOUR & MASALA

本日のお品書き 

店長の赤井さんが市場で選び抜いた素材をじっくり手間をかけて調理。この日だけのスペシャルメニューです! 

①紅まどんなと赤海老のサラダ × THE CLASSIC
②長崎県産ヒゲダラのカルパッチョ × FONIA SORRA
③“令和の怪物”とマッシュルームのフリット 牡蠣のソースを添えて × WAKAZE FONIA TEA prototype 〜SOUR & MASALA〜 recipe no.009
④自家製ラザニア 鴨肉のラグーソース × FONIA TERRA のお燗
⑤安納芋のムースとバフンウニ × 三軒茶屋のどぶろく~栗~
⑥THE トンカツ~自家製ハリッサマヨネーズ~ × 三軒茶屋のどぶろく~水酛~のお燗
⑦バナナとクルミのセミフレッド~~ゴルゴンゾーラソース添え~ × ORBIA LUNA

ビストロKARASUさんでは、1年前の2019年にもイベントを実施したのですが、今回はさらにパワーアップです!
「三軒茶屋の革命児WAKAZE」と「門仲の異端児KARASU」の全力コラボ!

当日には、「1年越しに参加しました!」というお客様もいらっしゃる、熱い会になりました。

お客様との記念撮影!
KARASUさんとWAKAZEのコラボと聞いて、一番乗りでご予約を入れていただいたそう。

「この組み合わせは絶対に間違いないと思いました!本当に楽しみです!これからも応援しています!」とうれしいコメントも!

①紅まどんなと赤海老のサラダ × THE CLASSIC

フランス産清酒「THE CLASSIC」に合わせてつくり上げていただきました。
「THE CASSICは柑橘のような酸味があるため、あわせるならコースの前菜としてフルーツと少しの油分、つまりサラダがぴったり」と店長の赤井さん。

今Twitterで「溢れる果汁ととろける食感」と話題のみかん「紅まどんな」。ぷりっぷりの赤海老とあわさり、きゅっと酸で〆るバランス感がたまりません...!


②長崎県産ヒゲダラのカルパッチョ × FONIA SORRA

ヒゲダラとは、ヨロイイタチウオの通称のこと。
上品な甘みと旨味をもつ白身の魚で、とても美味しいにもかかわらず流通量の少ない貴重な魚です。

生胡椒の塩漬けとゆずの皮を添えています。FONIA SORRAとあわせると、もっちりとした身の甘さを引き立てながら、ぱちんと弾ける柑橘感のアクセントが絶妙です!


③“令和の怪物”とマッシュルームのフリット 牡蠣のソースを添えて × WAKAZE FONIA TEA prototype 〜SOUR & MASALA〜 recipe no.009

岩手県大船渡産のブランド牡蠣「令和の怪物」はとにかく身が大きくて、クリーミー!怪物という名は伊達ではありません。

更にあっつあつのマッシュルームのフリットにじっくりと煮詰めた牡蠣のソースが添えられます。あわないはずがない!
ぷりっぷりの牡蠣と、じゅわっとうまみ溢れるフリットに、2年熟成のFONIA TEA prototype~SOUR&MASALA~の鮮烈な酸味とスパイス感が重なり、「これぞペアリング...!」という思わず拍手をしたくなるような体験でした。


「大人でよかったな...!ガキにゃぁまだ早いよ」
「飲み干したグラスを嗅ぐだけでずっと脳内再生で余韻を楽しめる」
とお客様大絶賛のベストペアリング。赤井さんの妙技ですね...!


④自家製ラザニア 鴨肉のラグーソース ×FONIA TERRA のお燗

手打ちパスタの旨味と、12時間かけて全力で仕込んだラグー(肉汁)ソースに、FONIA TERRAのお燗が寄り添います。どっしりとした肉と米の旨味に生姜のアクセントが楽しめる1品です。

TERRAのお燗は、ゆっくりと温度を上げていくことで香りと米の甘み、旨味がふくらんで芯がありながらもやわらかい雰囲気になります。おすすめ温度は55~60℃。冷え込みの厳しい冬の夜にぴったりなペアリングです!


⑤安納芋のムースとバフンウニ × 三軒茶屋のどぶろく~栗~

甘みと食感、2つの要素の絶妙なバランスを楽しめる1品。

安納芋のクリーミーな甘みと、どぶろくに入っている栗の甘さ、ふたつの甘さをウニのわずかな塩味が引き立て、最後にディルのアクセントがきゅっと引き締めます。
更に、手前のぱりぱりとした食感の薄焼きパンと、どぶろくの米の粒感が絶妙に絡まり、なんとも面白い食感に!


ご予約のお客様だけでなく、当日ご来店のお客様にも多数ご注文をいただき、
「まさか三茶でお酒を作ってるなんて、思ってもみなかった」
「今日偶然来れてよかった!」
「KARASUさんのお料理との組み合わせが絶妙!」

と嬉しいコメントも!


⑥THE トンカツ~自家製ハリッサマヨネーズ~ × 三軒茶屋のどぶろく~水酛~のお燗

某有名焼肉店さんの仕入れ先から注文した、こだわりの豚を贅沢にトンカツに。

マヨネーズに自家製のハリッサ(チュニジアなど北アフリカで定番の香辛料)を和えることで、ぴりっとしたアクセントが加わります。
水酛のお燗が寄り添う、ジューシーな旨味と酸を楽しむペアリングです。


⑦バナナとクルミのセミフレッド~ゴルゴンゾーラソース添え~ × ORBIA LUNA

セミフレットとは、イタリア語で「半分凍った」という意味のやわらかい食感のアイスのこと。
バナナとキャラメリゼしたクルミの甘さにゴルゴンゾーラの塩っ気が加わることで、濃厚な味わいを楽しめます。

WAKAZEのお酒のなかで一番甘みの強いLUNAですが、後味がするりときれいに消えてゆくため、甘いデザートとあわせてもくどくならずさっぱりと楽しめます!


しっかり壁にサインもさせていただきました!


最後に3人で記念撮影。
ぜひこのペアリングイベントは毎年の恒例行事にしたいですね

本当にありがとうございました!


ビストロKARASU
〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目9-3(門前仲町駅より徒歩30秒)
TEL:03-5809-9961
営業時間:15:00~0:00
定休日:水曜日


Text by Yasuda
営業&CS担当。福岡県出身。「九州出身でお酒強いでしょ」と初対面で言われがちだが、社内でも1.2を争うほどのお酒が弱い人。でも誰かと飲んでご飯を食べることが好き。趣味は寝ること、ドライブで温泉に行くこと。